TOP > オーダーメイド作務衣
作務衣とは
 
         
  くつろぎの伝統美の作務衣  

作務衣とは、禅宗の僧侶が修行として行う日々の雑務の事を「作務(さむ)」といい、その作務を行う時に着用する衣がそのルーツだと言われています。

その作務衣は元々今のような形の物ではなく、「長作務衣」といい、着丈は膝辺りまであり、袖の身幅も幅広のものであったようです。それが今の「二部式」の形になったのは、正確には不明のようですが、そんなに古い話でもないようで、昭和40年代に永平寺で着用されるようになったのが最初という説もあるようです。また、作務衣の下(パンツ状のデザイン)はもんぺから着ているという説もあります。

 
         
     

作業着としての側面が強い作務衣は、袖口と裾口はゴムや共布で絞れるデザインを採用されている事が多いようです。

色については、「僧侶」が着用される場合には、主に、黒、藍、柿渋(茶)灰色などが使われお役目などによって使われる色も変わるようですが、最近では一般の方の休日のくつろぎ着としての着用や女性の着用も増え、各色様々なものが見受けられます。また素材は一般的には丈夫でメンテナンスのし易い綿が一般的ですが、その他絹や麻、ポリエステルなどの素材使いも多く、使用素材や裏を付ける等のデザインの工夫で、春夏秋冬、一年中着用が可能です。

 
       
 
オーダー作務衣
     
         
     

僧侶の作業着がルーツの作務衣。一昔前はそば屋か陶芸家しか着ないようなイメージがありましたが、最近では男性女性問わず、休日のくつろぎ着、または一般的な外出着として作務衣を着用される方も非常に多くなって参りました。

それは、作業着として動きやすく、気軽で、きつく締めつけない日本的な衣類の機能美が見直されているからなのではなかと考えています。

今ではインターネットで検索すれば、ピンからキリまで様々な作務衣を購入する事が可能です。

そんな中、当店では、数年前からオーダー作務衣のお仕立てをお客様に賜る事が増えて参りました。

「オーダー作務衣」は吊るしで簡単に購入出来る作務衣と比べると、値段は決して安くは無く、素材の送付や採寸、デザイン打合せと手間も時間も比較的かかる。

オーダーのご依頼を頂いたお客様方は、沢山作務衣はあるけど、「デザインがもうちょっとこうならないか。」とか「大きさが自分に合わない。」或いは、「素材を自分で想定したもので作りたい。」という作務衣二着目の方が多く、「吊るし」で売られている物に満足されない方が多いようで、寧ろめんどくさいオーダー依頼を楽しんでいられる方の方が多いようにお見受け致します。

 
         
     

オーダーメイド作務衣の確認⇒

 
       
 
オーダーの流れ
     
         
  仕立屋いのうえの作務衣  

お仕立てのご希望を製作する職人が直接お客様にお聞きしたい為、まずお電話で直接お話させていただきます。

(この時にお客様のサイズなどの情報と製作希望デザインなどをお聞き致します。)


希望の布(古布、着物、反物、布団の布、その他)がある場合は当店へ電話確認後、宅急便などでお送り頂きます。

(この際の送料はお客様ご負担でお願い致します。)


お打合せ頂いたデザインとサイズを元にパターンを製作。

一度お客様専用のパターンを製作致しますと、次のお仕立ての際はそのパターンに基づいて製作する事となります。


パターン製作後、お客様よりご送付頂いた素材にマーキングを行い、要尺と素材の状態を判断。お仕立て可能か否かをお客様へお知らせ致します。

この場合、製作不可能の場合は宅急便着払いにて素材をお客様へお返し致します。


製作可能であればそこからお仕立て開始。

この際、お仕立て上がる日時は、デザインや当店の作業込み具合によって前後致しますので、大凡のお仕立て上がり日時を事前にお知らせいたします。


お仕立て上がり。


オーダー作務衣お仕立て希望の方は、まずお問い合わせ下さい。


オーダーメイド作務衣について問い合わせる⇒

 
         
     

※ 価格はデザインや仕様によって変化致します。

※ 古布や素材の要尺によって作務衣がお仕立て出来ない場合も御座います。

 
       
商品情報を見る⇒ | 職人アロハの商品 | 着物リメイク服の商品 | 仕立屋いのうえの商品 | その他の商品 |